2016年01月11日

正誤問題の裏技



【正誤問題の豆知識】


よくセンター試験や関西学院、関西大学、近畿大学等で
テストを受験している時によくあることなのですが、


問@
以下の@からDの中から正しいものを選べ。


という問題ですね。


よくあることなのですが
問題を解いている最中に、、


ガラガラっと扉を開けて
他の試験官の人が
『問題に誤りがありましたので訂正します。』

と言って正誤問題のいずれかを訂正する場面に
頻繁に出くわすと思います。


『訂正した問題』
ここ重要です!!!


この問題はあらかじめ正解であった可能性が高いです。


言い換えると

正解が2つになってしまっていたので
訂正する必要があるんです。


なので正誤問題の設問が分からない人は
消去法で『訂正された設問』はカットしましょう!



データでもわかるかも知れませんが
よくよく考えてみればそうですよね。

いざ自分が正誤問題を作る側になった時
ほとんどの人が正解の回答から制作すると思います。


D問のうち大体の人は
2問までは絞れるんです。
その二択はどこかしら共通した分野の問題になっている
ことが多いことも少なくありません。



いざ作成したら正解がなかった!!
やばい!!
訂正しよう!!
というのはあまりないと思います。


今日の豆知識は以上です!
最後まで読んでくれてありがとうございます(^ν^)











posted by あやの at 22:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

同志社に合格する条件



今日はよく質問されることについて
記事にしていこうと思います。


@いまの時期でどのくらい過去問の点数をとれてましたか?

ANSER 英語7.5 〜 8割
現代文、古文 7 〜 7.5割
日本史 7〜8割


A過去問は何年度まで解きましたか?


ANSER 全学部2000年度まで解きました


B日本史は実際に何点くらい素点引かれましたか?

ANSER 一度きちんと自己採点して、調整後129点でした。
平均点が低く、5、6点引かれました。


Cこの時期になるともうする勉強がないです。


ANSER 過去問をできる限り解いてください。
それと並行して過去問の見直しもしてください。
1人の部屋で実際に本試験の時間通りに過去問で
模擬試験してください。
科目の順番、お昼休憩も全て本試験通りに行って下さい。
消しゴム落として手を挙げる必要はないですよ(笑)
模擬試験で満足できる点数を取れればある程度安心できます。



この時期にどれだけやれるかが本試験に大きく影響します。
暗記類、単語の再確認を毎日怠ってはいけません。
のこり一ヶ月のラストスパートをかけましょう。
posted by あやの at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

同志社に合格する条件



あけましておめでとうございます🎍
みなさん初詣はもう行きましたか?
初詣くらい行っときましょう^ ^

たまに息抜きも大切だと
私も受験期にはよくいわれました。
でも私は人一倍頭が良くなかったので
上本町河合予備校に4/17から入塾したから
合格するまで一度も遊んだことはありませんでした。

今だからこそ息抜きの重要さがわかります。

私は遊ばずに人一倍勉強していると同時に
自分自身を追い込んでいたのです。


いつも私の頭の中には
なぜ予備校のだれよりも勉強しているのに
全然成績、模試の結果が向上しないのか?
そして、なぜ遊びまくってる友達のほうが
いい成績をとるのか??

こればっかりを自問していました。
自分の努力が足りないからだ。という自答は
そう長くは続きません。


次第に自分ばっかりを責めるようになります。
私もその時期は本当に苦しくてとても痩せました。


努力は裏切らないというでしょう?
現実は全然裏切られます。
周りと比べては、自分を責めて。
こればっかり繰り返していませんか?


わたしはその繰り返しの中にいました。
わたしは一人暮らしだったので
自分自身に制限をかけてTV、インターネット、漫画
携帯、LINEも禁止にしていました。

常に勉強が第一で、コンビニで商品を選ぶのも
迷ってる時間がもったいない、外出する時は常に
暗記を頭の中でしていました。
風呂、トイレも暗記用紙で全面にして
貼るだけで満足するだけでは何の意味もないので
何も見ずに位置だけで暗記用紙全て言えるようにしました。

そして覚えるまでその空間から出ないようにしました。


でも人間そこまでしてしまうと
ストレスで壊れるんです。
食べ物が減って血便がでるようになりました。

その頃の自分を見てるからこそ
みんなには息抜きの重要さを知って欲しいんです。


たまには公園や散歩に行きましょう!
もちろん参考書を持って!
たまには友達と遊ぶのもいいでしょう!
でも場面場面で暗記を繰り返してください。
そういう印象的な場面は印象に残りやすいんです!

残り一ヶ月精一杯出し切れるようにしましょう!











posted by あやの at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。